ユーザー辞書や翻訳メモリ、環境設定の引越し・ バックアップ (Windows版 Transerシリーズ)

Windows版 PC-Transer、MED-Transer、PAT-Transer、Legal Transerシリーズのユーザー辞書や翻訳メモリ、環境設定の引越し・ バックアップ についてご案内します。
急なパソコンのトラブルや、古いパソコンから新しいパソコンに引っ越す場合に備え、これまで使用されてきた設定や環境をバックアップしておくことができます。

※ 翻訳ピカイチシリーズのバックアップについてはこちらをご覧ください。

  1. ユーザー辞書・学習辞書・翻訳メモリのバックアップ

  2. 各種設定のバックアップ(エクスポート)

  3. バックアップは定期的に

 

 

1.   ユーザー辞書・学習辞書・翻訳メモリのバックアップ

これまで登録・使用されていたユーザー辞書や学習辞書、翻訳メモリは、通常はドキュメント内の[CrossLanguage]フォルダ以下に保存されます。

C:\Users\ユーザー名\My Documents\CrossLanguage\

※ なお、[CrossLanguage]フォルダは、OSによっては以下のように表示されます。
 ● Windows10の場合:[PC]>[ドキュメント]>[CrossLanguage] フォルダ
 ● Windows7の場合:[ライブラリ]>[ドキュメント]>[マイ ドキュメント]>[CrossLanguage] フォルダ

ユーザー辞書・学習辞書・翻訳メモリの保存フォルダ

ユーザー辞書・学習辞書・翻訳メモリの保存フォルダ(Windows7の場合)

このフォルダを別のパソコンの同じ場所にコピーすることで、ユーザー辞書や翻訳メモリの引継ぎができます。
また、不慮のPCトラブルに備え、USBメモリや共有ドライブなどに上記フォルダを定期的にバックアップしていただくと安心です。

※ このフォルダの内容は、ソフトウェアのアンインストール・再インストール時にも消えずに残るため、バージョンアップの際にも使用環境は引き継がれます。

※ 引越し前の古いパソコンと引越し後の新しいパソコンでWindowsのユーザー名(アカウント名)が異なるなどの理由で、上記フォルダを移動しただけでは一部の設定が引き継げないことがあります。この場合は改めて、使用するユーザー辞書・学習辞書・翻訳メモリを翻訳エディタにて再設定していただく必要があります。
・辞書の使用設定:[翻訳]-[翻訳設定]-[辞書]
・翻訳メモリの使用設定:[翻訳メモリ]-[設定]-[翻訳メモリ]

 

 

2.  翻訳設定のバックアップ

ツールバーやウインドウの配置、スタイルごとの辞書・使用フォント・検索エンジン・カラー設定・ブックマーク設定などは設定ファイルとしてバックアップしておくことができます。
翻訳エディタの[ツール]-[環境設定]-[一括設定]と進み、[エクスポート]にて旧PCの設定を保存してください。
(ファイルは通常、 option.ini というファイル名で保存されます)

ツール>環境設定

ツール>環境設定

環境設定のエクスポート

環境設定のエクスポート

このようにして保存した設定は、同じように新しいパソコンの翻訳エディタで
[ツール]-[環境設定]-[一括設定]
と進み、[インポート]にてファイルを指定して読み込ませることで設定を復元する(レストアする)ことが可能です。

環境設定のインポート

環境設定のインポート

 

 

3.  バックアップは定期的に

パソコンが起動しなくなった・紛失した等の不慮のトラブルに備え、上記フォルダおよび設定ファイルをUSBメモリや共有ドライブなどに定期的にバックアップしていただくと安心です。
また、パソコンのフリーズやクラッシュなどのトラブルでユーザー辞書や翻訳メモリが破損した場合でも、バックアップからの復旧が容易です。

はてなブックマーク - ユーザー辞書や翻訳メモリ、環境設定の引越し・ バックアップ (Windows版 Transerシリーズ)
LINEで送る
Pocket

© 2018 CROSS LANGUAGE オフィシャルブログ

Up ↑