クロスランゲージ、レッジが共同でディープラーニング活用型新サービスの開発プロジェクトを発足

■概要
近年その市場の拡大スピードから注目される『越境EC』をはじめ、これまでメインだった訪日外国人への受動的な翻訳対応というニーズが変容。高まり続ける『他言語圏ユーザーへの積極的なアプローチとしての翻訳需要』に応える目的で株式会社クロスランゲージは株式会社レッジと提携。

Webサイトの画像内テキストを解析、文字画像を検出し自動で画像内文字列を翻訳・置換し配信するディープラーニング技術応用型新サービスの開発プロジェクトを開始しました。

現在はPoC第一段階をクリア。以後は提携事業社サイトへ試験導入と実証実験を重ね早期のサービス本格開始を目指すフェーズとなります。

■プロジェクト発足の経緯
翻訳・通訳事業や翻訳システム企画・開発・販売事業などをメインで手がける株式会社クロスランゲージ。既に多くのWebサイトへ導入されている弊社翻訳ツールですが、画像内テキストに関しては『人の手による他言語バージョンの作成と登録』が必須となっていました。

今回、伸び続ける市場からの画像内テキスト自動翻訳ニーズに応える形で、AIシステムコンサル・開発プロデュースを手がける株式会社レッジと提携。特に需要の多いLPやECなどの領域で自動翻訳・運用が行えるディープラーニング技術応用型新サービスの開発プロジェクトをスタートさせるに至りました。

■本プロジェクトの目的
2018年度だけでも前年度比200%超えと予想される越境ECの伸び、増え続ける国外からの需要と国内需要の中長期的な落ち込み予想。これらに対応するため、市場は小さくない変化を求められることになると予測されます。

Pocket