翻訳・自動翻訳サービス、Webサイトの翻訳など、翻訳にかかわるあらゆる課題を解決します。クロスランゲージ

製品サポート情報

ホームアイコン

翻訳ピカイチ 中国語 2011 (蓬莱 Version7) for Windows
ユーザーズガイド訂正事項

Last Modified : 2012年3月1日

対象製品

  • 翻訳ピカイチ 中国語 2011 (蓬莱 Version7) for Windows

目次

ユーザーズガイド訂正事項

ユーザー辞書のインポート時のCSVファイルに、仕様上の制限がございました。 また、この件について、ユーザーズガイドにも未記載の内容がございました事をお詫び申し上げます。詳細は下記をご覧下さい。
  • 翻訳ピカイチ 中国語 2011 (蓬莱 Version7) は、インポートファイルの保存方法として、 文字コードがUTF-16で保存可能なエディタソフトで編集されたCSVファイルにする必要があります。
    ※ユーザーズガイドの問題点として、この件の記載がございませんでした。
    文字コードをUTF-16で保存できるソフトとして、当社で確認したソフトと致しましてエディタソフトの「秀丸」にて保存が出来る事は確認致しました。
    また、Excelや本ソフトの機能だけではインポートできるCSVファイルは作れない事がわかりました。
  • インポートするCSVファイルの先頭に以下の記述式が必要です。
    ------------------------------------------------
    ■翻訳方向が中→日のユーザー辞書の記述式■

    %%
    %%ユーザ辞書テキストファイル出力
    %%翻訳方向: 中日
    %%出力日時: Wed Feb 29 15:50:28 2012
    %%対象辞書: C:\Users\cross\Documents\CrossLanguage\Horai7\cjuser.dic
    %%*で終わる行は「訳語変更」による自動登録単語です
    %%
    ------------------------------------------------
    翻訳ピカイチ 中国語 2011 (蓬莱 Version7) のユーザー辞書をCSVでエクスポートし保存すると、ファイル内の上部に上記のような記述式が記載されています。
    インポートするCSVファイルにも、上記記述式が必要になります。
    ※ユーザーズガイドの71ページにエクスポートの説明として、この件の記載がありますが、インポート時にもこの記述式が必要な旨の記載がございませんでした。

ユーザー辞書インポート手順

ユーザー辞書インポート手順
  • 先に、翻訳ピカイチ 中国語 2011 (蓬莱 Version7) の翻訳エディタ上で、ユーザー辞書をCSVファイルでエクスポートする。

【ツール】→【辞書管理】→【ユーザー辞書のエクスポート】をクリック。
※以下の画像はクリックすると拡大表示できます。

【ユーザー辞書のエクスポート】をクリック

ユーザー辞書の【エクスポート】を画面を出す。任意の場所に保存する。

ユーザー辞書の【エクスポート】

●エクスポートで保存したファイルを秀丸などの『保存時に文字コード UTF-16形式で保存できる』エディタソフトで開き、辞書編集作業をする。

エクスポートしたファイルを秀丸で開き、試しに1単語登録した状態が以下です。
※以下の画像はクリックすると拡大表示できます。

エクスポート例

●保存時に文字コードをUTF-16にして、CSVで保存する。

文字コードをUTF-16にして、CSVで保存

●翻訳ピカイチ 中国語 2011 (蓬莱 Version7) の翻訳エディタ上で、文字コードがUTF-16のCSVファイルをインポートする。
※以下の画像はクリックすると拡大表示できます。

UTF-16のCSVファイルをインポート

以上です。