翻訳・自動翻訳サービス、Webサイトの翻訳など、翻訳にかかわるあらゆる課題を解決します。クロスランゲージ

製品サポート情報

ホームアイコン

学習辞書が破損した場合の対処方法

Last Modified : 2012/04/16

対象製品

  • 学習機能がある翻訳ソフト全て

現象

  • 翻訳エディタを起動しようとすると、以下のメッセージが出る。
    または学習辞書を使おうとすると、以下のメッセージが出る。

<エラーメッセージ内容>


次の辞書に異常がありました。再設定します。
学習辞書・・・・書き込みモードで開けません。
学習辞書・・・・が開けません。

※必ずしも上記エラー出るとは限りません。学習辞書が破損していてもエラーがでない場合もございます。

対処方法:学習辞書の初期化

学習辞書が破損した場合は、学習辞書ファイルの初期化をお願い致します。

--------------------------------
学習辞書の初期化
--------------------------------
以下はPAT-Transerを例にしてご案内します。
翻訳エディタが起動していない状態で作業してください。
以下の手順にて学習辞書の初期化が行えます。
※削除する学習辞書に登録されている単語は復元できません。

1)学習辞書を削除します。
学習辞書は以下の「ej」フォルダ内に格納されています。
「マイドキュメント」→「CrossLanguage」→「PAT」→「ej」
■EJ用学習辞書のファイル構成
(以下の3つで一つの学習辞書です。)
学習.dir
学習.key
学習.ldc
削除する場合はこれら3つのファイルを削除してください。

2)PAT-Transerを起動します。
※学習辞書ファイルを削除した直後にPAT-Transerの翻訳エディタを起動すると、同じ「ej」フォルダ内に3つの学習辞書ファイルが再生成されます。これにより学習辞書が初期化されます。

3)翻訳を行って現象が回避されているかご確認ください。