翻訳・自動翻訳サービス、Webサイトの翻訳など、翻訳にかかわるあらゆる課題を解決します。クロスランゲージ

製品サポート情報

ホームアイコン

翻訳ブレイン3 起動時のエラー発生とその回避方法について

Last Modified : 2011/02/16

対象製品

  • 翻訳ブレイン3

翻訳ブレイン3 起動時のエラー発生とその回避方法について

現象
  • 翻訳ブレイン3のインストール時とインストール後、翻訳エディタ起動時に以下のエラーが発生する。

辞書名の書き込みに失敗しました

辞書設定時のサーバーエラー

  • 翻訳エディタで、英語から日本語に翻訳する際にエラーが出る。
  • 翻訳エディタで、日本語から英語に翻訳する際はエラーは出ない。
  • ホームページ翻訳をしようとすると、以下のダイアログが出る。

利用可能なエンジンではありません。他のエンジンか製品を選択してください。

翻訳サーバへの接続に失敗しました。

現時点で判明している原因
  • シマンテック社 Norton シリーズ をご使用の環境において、弊社製品「翻訳ブレイン3」のインストール後、英語から日本語の翻訳を行えない問題が発生。
  • Norton AntiVirusやNorton360などNortonシリーズのソフトが、翻訳ブレイン3の英語から日本語に翻訳するファイル brnej3M.exe を駆除対象と判別してしまう。
  • 翻訳ブレイン3のインストール中だけではなく、インストール後の翻訳ブレイン3実行時にも駆除対象とされてしまうので、インストール時にNorton AntiVirusをOFFにしてもエラーは改善されない。英語から日本語の翻訳エディタを起動した際もこのエラーが出る。
  • ホームページ翻訳やメール翻訳などのアドインや個別ツールの「brnej3a.srv」と「brnej3b.srv」も駆除対象となるため、IEやメールなどのアドイン、キャプチャ翻訳などのツールの使用時にもエラーが出たり、使えない状態になる。

回避手順

A. 翻訳ブレイン3で英語から日本語への翻訳が行えない場合
  • 1. 翻訳ブレイン3が起動している場合は翻訳ブレイン3を終了してください。
  • 2. スタートメニューまたはタスクバー右端の Norton AntiVirus のアイコンを右クリックし、メニューの [Norton AntiVirus を開く] を選択して Norton AntiVirus を起動してください。

Norton AntiVirus を起動

  • 3. 表示された画面の上部左側にある [検疫] (または、[パフォーマンス])を選択してください。

パフォーマンスを選択

  • 4. 表示された画面の左側の表から「brnej3M.exe」の活動履歴を選択して右側ペインの [詳細] ボタンを選択してください。

brnej3M.exeの活動履歴を選択

詳細ボタンを選択

  • 5. 表示された画面の下側の [オプション] または [処理] を選択してください。

オプションまたは処理を選択

  • 6. 表示された画面の [復元] を選択してください。

復元を選択

  • 7. 表示された画面で [このリスクを今後のスキャンから除外する] がチェックされていることを確認して [はい] ボタンを選択してください。

このリスクを今後のスキャンから除外する

  • 8. [閉じる] ボタンまたは [X] ボタンを選択して Norton AntiVirus の画面をすべて閉じてください。
  • B. 次のソフトウェアで英語から日本語への翻訳が行えない場合
    • Microsoft Word アドイン
    • Microsoft Excel アドイン
    • Microsoft PowerPoint アドイン
    • Microsoft Internet Explorer アドイン
    • Microsoft Outlook Express アドイン
    • Microsoft Windows メールアドイン
    • キャプチャ翻訳
    • ワンポイント翻訳
    • ダイレクト翻訳
  • 1. 次のソフトウェアが起動している場合は終了してください。
    • Microsoft Word
    • Microsoft Excel
    • Microsoft PowerPoint
    • Microsoft Internet Explorer
    • Microsoft Outlook Express
    • Microsoft Windows メール
    • キャプチャ翻訳
    • ワンポイント翻訳
    • ダイレクト翻訳
  • 2. スタートメニューまたはタスクバー右端の Norton AntiVirus のアイコンを右クリックし、メニューの [Norton AntiVirus を開く] を選択して Norton AntiVirus を起動してください。
  • 3. 表示された画面の上部左側にある [検疫] を選択してください。
  • 4. 表示された画面の左側の表から「brnej3a.srv」または「brnej3b.srv」の活動履歴を選択して右側ペインの [詳細] ボタンを選択してください。
  • 5. 表示された画面の下側の [オプション] または [処理] を選択してください。
  • 6. 表示された画面の [復元] を選択してください。
  • 7. 表示された画面で [このリスクを今後のスキャンから除外する] がチェックされていることを確認して [はい] ボタンを選択してください。
  • 8. [閉じる] ボタンまたは [X] ボタンを選択して Norton AntiVirus の画面をすべて閉じてください。